「ベンチャー・スタートアップへ転職だ!」の前に考える4つの転職モチベーションと、スタートアップのメリット&リスク

エムアウトキャリア広報部です。本日は、転職希望者の皆様とのキャリア面談の中でよく始めに聞かれる「ベンチャー・スタートアップに転職したいのですが」というご希望の前に知っておいてほしい視点として、4つ転職モチベーションについて、弊社のシニアコンサルタントである成田に、話を聞いていきます。

大企業とベンチャー・スタートアップを分けて考える必要はない

――大企業ではなく、ベンチャー・スタートアップへ転職したいという話はよく聞きますが、どのように考えていくべきでしょうか?

転職を考えたときに、なんとなく企業の規模感で考えてしまう転職希望者の方は多くいらっしゃいます。しかし、大企業とベンチャー・スタートアップのどちらに転職をしようと、早急に決めてしまう前に、自分自身のモチベーションについて、知ることから始めるべきだと考えます。自分が何にモチベーションを感じるかで考えて、世界観が合うのが大企業なら大企業に行くべきですし、それがスタートアップならスタートアップに行くべきです。

軸によっては、大企業のほうが適していることも多くあるからです。もちろん、弊社が支援させていただいている転職希望者の方が好まれるような新しいことがしやすいのはスタートアップかもしれませんが。

転職に対するモチベーションは4種類分類するとわかりやすいです。順番に説明していきます。

転職モチベーション

1)環境による転職モチベーション
2)想いによる転職モチベーション
3)金銭による転職モチベーション
4)仕事による転職モチベーション

環境による転職モチベーションとは

環境による転職モチベーションとは、勤務環境が整っていることが自分のモチベーションを高める上で重要だということです。人事組織制度が整っていたり、福利厚生が整っていたり、ということが自分が働く上で重要だという場合は、大企業に転職するという選択肢のウェイトが高まるかもしれません。

一方、最近では、求人・採用ニーズの高まりに対応して、ベンチャー・スタートアップでも、勤務環境を整えることを優先している会社も増えています。

想いによる転職モチベーションとは

想いによる転職モチベーションとは、同僚の先輩・後輩、上司だけでなく、経営者の考え方や描くビジョンに共感することが、自分のモチベーションを高める上で重要だということです。同じ考え方やビジョンをもった経営者と近い距離感で働けるのはベンチャー・スタートアップの醍醐味です。

社長と一緒に会社の方向性を考えていく、CTOとシステム戦略を議論するといった会社経営における大きな地図作成を、大企業の中で実現できる会社は少ないのが実情です。大企業で日常的に接するのは、直属の上司であり、会社の一作業の議論が中心になってしまうことも多く、会社の歯車と感じている人にとってはベンチャー・スタートアップに転職する魅力と映ることも多いです。

ベンチャー・スタートアップなら創業者・経営者の想いに共感して働くことができれば、物理的な距離も、こころの距離も近くなります。

――ちなみに、成田さんはどんなときにモチベートされますか?

一緒に働く人次第でモチベーションが上がります。自分の尊敬する人が実現しようとしている目標を叶える手伝いをすることが好きです。今まで、組織の代表などもしてきましたが、過去の自分を振り返ると自分がウキウキするのが、人を支えているときでした。

――自分が尊敬できると思える経営者を見つけるにはどうしたらよいでしょうか?

人との相性はあって話すしかないとも言えます。もちろん、エムアウトキャリアでご紹介する企業様で一緒に働く方については、具体的にご紹介させていただきますが、最終的には入社前にご自身で相性のフィット感を感じていただくことが重要です。

金銭による転職モチベーションとは

金銭による転職モチベーションとは、言葉の通りですが、大企業とベンチャー・スタートアップでは金銭に対しての捉え方が変わってきます。この部分に関しては、後ほど詳しくお伝えします。

仕事による転職モチベーションとは

仕事による転職モチベーションとは、やりたい仕事で考えるということです。よく言われるようにベンチャー・スタートアップの方が裁量権が大きく、幅広い仕事に携わる機会が増えることは多いです。

 

ベンチャー・スタートアップで働く3つのメリット

――転職モチベーションによって、ベンチャー・スタートアップに決めた場合、得られるメリットについても教えてください。

ベンチャー・スタートアップで働くメリットは、3つあると思います。

ベンチャー・スタートアップで働くメリット

1)好きな人と近い距離で、濃い濃度で働くことができる
2)キャリアのバク上げがし易い
3)一攫千金ができる

キャリアのバク上げがし易い、ベンチャー転職・スタートアップ転職

「1)好きな人と近い距離で、濃い濃度で働くことができる」ことにについては、すでにお話しましたが、想いによる転職モチベーションによって、同じ目標やビジョンに向けて濃く働くことにより、「2)キャリアのバク上げがし易い」というメリットも得る可能性が高まります。

極端な例になりますが、経理出身者ではない人が、CFOに急に昇格するケースだってあります。開発をしたこともないのに、入社後いきなりエンジニアになることや、CTOになることもあります。10ステップくらいジャンプアップしてキャリアを変える可能性を秘めています。

ご紹介している企業様のケースでは、未経験で企画職を募集しているベンチャー・スタートアップ企業様もいらっしゃいます。若くて未経験で企画職に就ける機会はなかなか大企業では多くないですよね。大企業への入社を希望すると、中途採用の募集には、既存の従業員の転職による補完を目的とした経験者採用が多くなります。ベンチャー・スタートアップの中では過去の経験を別の職種でも活かせたり、経験よりもビジョンへの共感を求めたりすることも多くあります。結果として、ベンチャー・スタートアップでしかできない経験ができる場合もあります。

新しく経験したことで、その先のご自身のキャリアを変えることもできます。ベンチャー・スタートアップではキャリアのダイナミックな流動が多いです。一度そこで企画職としてジョブチェンジできたら、もう次からは企画職の肩書で働けます。

IPOで一攫千金できる可能性を秘めるのもメリット

ワールドワイドで見たときに、エクセレントキャリアと言われるのは、実は今はコンサルや証券ではなく、スタートアップです。例えば、世界の一流大学(IBリーグなど)を卒業した人が、大企業に行かずに起業したり、初期メンバーとしてジョインしたりします。そして、ストックオプションをもらったり、株を保有して、事業売却したりIPOしてキャッシュを得ているのです。

2017年11月9日には、アップル時価総額が9000億ドル台を初めて超えました。仮に0.8%のストックオプションをもらっていれば、72億ドル手に入ることになります。海外ではそういう人がゴロゴロいます。日本でも、たまたま初期に入った若手メンバーがストックオプションをもらって、数年後には手元に数億手に入るみたいなことも、実は実際に発生しています。

日本でも2020年には100社程度の上場が予想されるなか、仮にフィンテックのスタートアップ企業に入社し、0.8%のストックオプションをもらい、数年後に上場して300億円の企業価値になっていれば、2.4億円の手に入ることになります。生涯年収が3億円と言われる中で、30代で数億円を手に入れようと思ったら、大企業では叶いません。入社した途端に自分の生涯価値が見えてしまいます。

今は転職が当たり前の時代です。仮にたまたま入ったベンチャー・スタートアップがうまく行かず、また転職の必要があってもチャレンジできます。どちらが本当のリスクなのでしょうか。

 

ベンチャー・スタートアップに転職するリスクとは

一方でベンチャ・スタートアップのリスクとして、自分が代表ではない場合方向性が変わってしまったり、入社時に上場すると言っていたのに、実は上場しないなど、そこは見極めていかないとわかりません。

エムアウトキャリアにご相談をいただいた場合には、転職希望者の方のモチベーションや今後に描いていきたいストーリーに合わせて企業のご紹介をしています。また弊社では、これまで自らスタートアップを創り続けてきたエムアウトのノウハウを活かした独自の企業分析により、企業をご紹介しております。スタートアップ選びに迷われたら、ぜひご相談ください。

 

一度きりの人生なので、後悔しない選択を

――ベンチャー・スタートアップへの転職を希望される方へ伝えたいことは?

仕事では優秀で、例えば事業計画を作り込まれて、タスクブレイクをして進めているのに、自分のキャリアについてはあまり長期計画を細かく立てていない人が多いと感じています。

もちろん計画は見直して、修正していくことが大切です。しかし計画が粗いと修正することすら出来ません。年を重ねれば重ねるほど、修正をすることが難しくなってしまいます。

一度きりの人生なので、しっかりと人生計画を立てて、後悔しない選択を選んでください。

エムアウトキャリアに相談する